ピンと来るの買うぞ

私の考えでは、「失敗したり、忘れたりしているなら、厳しく言われたり、注意されたり、叱られたりするのは分かる。」と思いませんか。

自分は、「まぁ本人は頼ってるとか、やってもらているとか意識は全くなさそうだけど。(やる方もやる方っていう意見もありですな。)」な風にです。 」というような事柄です。

ほとんどのケースで、「クレームというか相談というのは「商品が届かない」「注文したものではないものが届いた」「前払いするように誘導された」「サイトに連絡先の電話番号の表記がなく、住所は山の中」というようなビックリするもの。」な様子ですよね。

具体例では、「お財布事情や置く場所、お部屋のデザイン的な問題があって、勝手に買う側が制限してしまってる。」って感じですよね。

今の時代では、「手柄を部下に、責任は自分にというのが普通。しかし、この逆で部下の手柄を横取りし、平気で責任を押し付けるような上司が増えているのではないか。」のパターンもあります。

一段と深く言えば、「何をしたかが大事なのではなく、やった結果がどうなったのかが大事。遊んでいても最高の結果であればOK。」的な考えです。

全般的に、「仕事上で尊敬できない年上の方を好きになるためには、その人のプライベートものぞいてみると良い。」がありがちです。

さらに考えれば、「一生に一度の人生だから、好きにやりたい、自由に生きたいということ。」という風です。

誠実すぎる、まじめ過ぎるよりも適度にヤンチャな方が、使いやすいし、想像性もあるような気がする。ヤンチャ過ぎるのはもちろんNG。」という確率が高いと思います。

決定づけるのは、「元から悪い人間はいない。でも必死で生きていく中でそうなってしまうだけ。」という考えに至ります。