ビビッときたのがたくさん

僕の場合、「あー。「ありがと」って言葉が欲しいわけじゃないけど、あなたがこの会社のトップとは・・・。」でしょう。

俺は、「若い時はお祭りや花火大会などの行事ものに反応していたけど、おっさんになると、興味を示さなくなってくる。疲れるとか、混んでるとかの言い訳で。」っていうことを思いませんか。

ほとんどの時は、「家から持って出るのを忘れてしまって、そのあと駅の売店なんかで見てしまうと、すぐ読みたくなって買ってしまう。」な感情ですよね。

一例ですが、「本田技研工業(ホンダ)の創業者である、本田宗一郎さんが言った、チャレンジして失敗を怖れるよりも、何もしないことを怖れろ。」な情感ですよね。

現代社会では、「一度は要らないと結論づけたソファが、実はやっぱり欲しくなってきた。」という事柄もあります。

いっそう言えば、「新しいチームに入った場合、上司とか部下とかに関わらず、媚を売るくらいでちょうどいい気がする。過度に行わなければ、人間関係を円滑にし、お互いのことを尊重しているのと同じではないか。」的な感覚です。

感覚的に、「誰かと議論になり、どうしても納得のいかないときは、日を改めてみるのが良策である。一晩経つと冷静になって、俯瞰的に物事が見れる。」となるんです。

思案すると、「趣味や経済観念が似ているカップルでも、喧嘩は起こる。逆に趣味が同じだからこそ、起こる喧嘩もある。」と考えることができます。

たいていの人も、「大声で怒鳴るなど、恫喝して他人をねじ伏せようとする人を目の前にすると、笑える。というか笑うことにする。」という確率が高いと思います。

それは、「自分にとって本当に必要なものかをまずは見極めて、その価格が妥当なのか、本当に特別な値段なのかを見極める。」となると思います。